マタニティ歯科|岡山 歯科 岡山駅 岡山市北区 ホワイトニング インプラント 歯周病治療 歯周病予防 審美歯科/ドレミ歯科クリニック

〒700-0901
岡山県岡山市北区本町2-7 1F

086-801-4618
第2・第4日曜も診療しております

マタニティ歯科

EPARK
携帯サイトがご覧いただけます。

マタニティ歯科について

妊娠するとホルモンバランスが変化し、免疫力低下やつわりで気持ちが悪く歯磨きができなかったり、小分けで少しずつ食事をするなどお口の環境は悪化しやすくなる為、妊娠中はいつも以上にお口のケアが必要です。
マタニティ歯科は、「歯が痛くなったら、悪くなったら行くところ」ではありません。これから生まれてくる大切なお子様の「お口の健康を守る為の歯科」です。お口の健康は身体、心の健康にもつながります。

妊婦さんが歯医者に行くタイミングは?

妊婦さんのお口の中は、虫歯や歯周病などさまざまなトラブルが起きやすくなります。このトラブルはこれから生まれてくるお子様にも影響する為、注意が必要です。
妊娠中に治療することに不安があるかもしれませんが、適切な時期に歯医者に行くことで妊婦さんだけでなくお子様の健康も守る事ができます。

妊娠初期(1~4ヵ月)

この時期つわりによりお口の中の治療が難しい上に、切迫流産の危険性があるため、緊急を要する場合以外は治療を控えた方が良いでしょう。

妊娠中期(5~8か月)

安定期であるこの時期が最も適した時期といえるでしょう。特に気になる症状が無くても一度お口の中をチェックしてもらいましょう。

妊娠後期

いつ陣痛が起きてもおかしくない時期である為、この時期の治療は避けたほうが良いです。この時期までには治療を済ませておきましょう。

つわりで歯磨きができない時のお口のケアについて

妊娠中は、つわりで歯ブラシを口に入れるのがつらいなどいろいろと大変な時期ですが、これから生まれてくるお子様の為に毎日のお口のケアが必要です。少しでも快適なケアができるように、いくつかご紹介いたします。

・歯ブラシを小さいものに
歯ブラシのヘッドが小さいものに取り替えることで、嘔吐反応が和らぐ為お口に入れやすくなることも。

・歯磨き粉は無くてもOK
歯磨き粉のにおいがダメという場合は、無理に歯磨き粉を使う必要はありません。歯ブラシと水だけでも十分です。

・歯磨き以外の方法
虫歯予防の効果が期待できるキシリトールの活用や殺菌作用のある緑茶で毎食後口をゆすぐなどブラッシング以外でもケアが可能です。

・ストレスを減らす
ストレスを感じると免疫力が低下し、お口の中にも影響を及ぼします。規則正しい生活を心掛け、ストレスを溜めないようにするのもお口のケアにつながります。