顎関節症・歯ぎしり・食いしばり|岡山 歯科 岡山駅 岡山市北区 ホワイトニング インプラント 歯周病治療 歯周病予防 審美歯科/ドレミ歯科クリニック

〒700-0901
岡山県岡山市北区本町2-7 1F

086-801-4618
第2・第4日曜も診療しております

顎関節症・歯ぎしり・食いしばり

EPARK
携帯サイトがご覧いただけます。

顎関節症

顎関節症とは、「顎が痛い」「顎が鳴る」「顎が開けづらい」など、顎の機能に障害がある状態です。若い女性に特に多い病気です。
顎関節症の原因はいくつかあり、悪い噛み合わせ、顎関節への過剰な負担、ストレス、悪い生活習慣や姿勢などが組み合わされて起こります。

顎関節症の治療

生活習慣の改善、顎の機能訓練、薬による痛み・炎症の緩和などを行います。症状が重い場合は外科的手術を行う場合があります。
顎の関節が痛い、音が鳴るなどの不快症状がある方はご相談下さい。

歯ぎしり

歯ぎしりはストレスが主な原因といわれています。歯ぎしりによって歯や顎に大きなダメージを与え、歯を失う原因にもつながります。 ストレスの多い現代社会では、ストレスをうまくコントロールするしかありません。自分の時間を作ったり、趣味の時間を楽しんだりストレスとうまく付き合っていきましょう。

歯ぎしりの治療

・マウスピース
マウスピースを装着し、噛み合わせの調整を行い歯ぎしりの抑制と、歯と顎への負担を軽減します。
 
・噛み合わせ治療
噛み合わせが悪いと歯に負担がかかっていたり、過度の歯ぎしりを引き起こしているケースがあります。
噛み合わせを良くすることで、害のない歯ぎしりにすることが可能です。
 
・ボツリヌス治療
ボツリヌス菌を顎の筋肉に注射して、筋肉の緊張を緩めます。美容外科などでも多くの実績があり安心で、治療効果が得られルケースが多いです。

食いしばり

食いしばりとは上下の歯で強く噛み合わせる事です。通常は上下の歯が接しているのは食事の時だけです。
主な原因は歯ぎしりと同じくストレスなどの要因です。
食いしばりは顎の筋肉に過度な負担がかかる為、肩こり、頭痛、首のこりや耳鳴り、目の奥の痛み等のトラブルを引き起こすこともあります。

食いしばりの治療

・マウスピース
素材の柔らかいマウスピースを使用し、患者様の歯型に合うように作製します。
上下の歯が接触することを防ぎ、歯と顎へのストレスを軽減します。
 
・噛み合わせ治療
正しい噛み合わせの状態に戻すことによって、症状を和らげることができる場合があります。
 
・ボツリヌス治療
ボツリヌス菌を顎の筋肉に注射して、筋肉の緊張を緩めます。美容外科などでも多くの実績があり安心で、治療効果が得られルケースが多いです。